みんなで、より良い世界へ。

フジクリは、はじめています。

株式会社フジ・クリエイティブセンターは、
国際目標であるSDGsに取り組んでいます。
持続可能な、より良い世界を目指して。
それは、企業としての責任であり
広告代理店としての役割でもあります。

2030年という、ステキな未来を見据えながら…。
「誰一人取り残さない」という考えのもと、
思いのカタチを伝え、広げながら
これからもSDGsに取り組んで参ります。

We are engaged in Sustainable Development Goals (SDGs), known as the Global Goals,
and also seek to universal peace: for people, planet, prosperity.
It’s our Corporate Social Responsibility and roles of ad agency.
Working at SDGs; we create worth with client’s mind and ideas, and spread those.

No one will be left behind. The project is on the move!

誰かのために、みんなで、動く。
みんなで、取り組む。
そんな想いを込めたフラッグシップ。
フジクリは、SDGsに向けて旗をかかげます。

Our Compass

取り組みの流れ

Action
1

委員会の
設立

フジクリがSDGsに取り組むにあたって
委員会を設立。会社全体で積極的に
取り組む体制を整えています。

Action
2

取り組みの策案

一企業として、広告代理店として
何ができるか、意見を出し合い、
企画を立案しています。

Action
3

社内・社外へ
周知

社内のSDGsに対する理解を促進。
社外に取り組みを宣言するとともに
活動内容を紹介しています。

Action
4

報告と
コミュニケーション

社内・社外に取り組みを報告。
今後のより良い活動につながるよう
意見交換を行います。

Action
5

経営への統合

広告代理店としての機能を使って
企業に対して、SDGsの普及活動、
提案を行います。

Telling The World

SDGsへの思い

フジクリでは推進委員会をはじめ、全員でSDGsにむけて積極的に取り組んでいます。
委員会メンバーが代表してSDGsへの思いを語ります。

SDGs 推進委員会委員長 関口 健之介

個人として、達成に向けて考えていることは?
SDGsに取り組むのは、地球人の責務だと思います。世界規模の問題、そして身近で起きている問題と向き合うこと。まさに、SDGsのカギは一人ひとりの行動に委ねられているのです。素晴らしい2030年を迎えられるよう、みんなと協力しながらSDGs達成に向けて行動していきます。
企業として、取り組むことの意義は?
SDGsは企業に課せられた義務ではありません。ですが、ゴールの達成には、企業や自治体など組織の取り組みが不可欠だと考えています。当社は、創業50年以上。SDGsに取り組むことは、地域に根差す企業の責任です。ローカルとグローバルの視点を併せ持ち、これからも活動していきます。
広告代理店として、伝えていきたいことは?
SDGsの価値や重要性を伝え、広げる。私たち広告代理店だから、「できること」であり、「すべきこと」です。SDGsを知ってもらい、行動するきっかけになれたら…。クリエイティビティや発信力など広告代理店の機能を活かし、SDGsの普及はもちろん、社会問題に取り組んでまいります。
経営者として、今後取り組んでいきたいことは?
SDGsの活動を今後も継続していくため、会社全体で積極的に取り組む体制をとっていきます。そして、年齢、立場に関係なく、全員が健康で働きやすい職場を目指して。社員一人ひとりの幸せのため、経営者としてこれからも社内環境の改善に努めてまいります。

から一言

営業部 Fさん
SDGsの大きな目標の一つに、17「パートナーシップで目標を達成しよう」という項目があります。広告代理店である我々は、お客様のパートナーとしてこれからも一緒に未来を考え、思いをカタチにし、世の中に発信していきたいと思います。
制作部 Gさん
今やWebや新聞等で話題を目にしない日はないくらい、急速にSDGsへの取り組みが広がってきています。人として企業として、よりよい未来のためできることは何か、みんなで考えながら活動を継続していかなくてはいけないと思っています。
管理部 Kさん
私は現在2児の母です。こどもたちと過ごす日々は、未来を考えることにつながり、生き方を考えることにつながっていると感じます。何気なく毎日が過ぎてしまいがちですが、気づきを大切に、できることからはじめていきたいと思います。
制作部 Mさん
始めはSDGsが壮大すぎる目標に感じていましたが、一人ひとりが日々の暮らしの中からできることを見つけ取り組むことで、未来へ繋がっていくと気づきました。みんなが豊かに安心して暮らせるために、今後も活動していきたいと思います。
制作部 Iさん
2020年。新型コロナウイルスによって、誰もが「持続可能」の大切さを実感したのではないでしょうか。同時にきっと思いました。SDGsは一人ひとりが主体的に行動することで実現していくものだと。本気で忖度せず自分から行動します!
Our Activities

フジクリの取り組み

として

クリエイティビティや発信力など、広告代理店としての機能を活かし、
SDGsの普及はもちろん、社会課題の解決に向けて取り組んでいきます。

にいがたクールサマーキャンペーン

にいがた
クールサマーキャンペーン

紙うちわで体感温度を下げるというオリジナルエコ企画を展開。各企業・団体に協賛いただいております。売り上げの一部を地域で活動する団体等を通して寄付します。

TeNYちびっこミニサッカーフェスタ

TeNY
ちびっこミニサッカーフェスタ U-10

小学校4年生以下を対象にしたサッカー大会を開催。毎年、新潟県内の約100チームが大会に参加。各社協賛とともに、将来の活躍を担う子ども達を応援します。

NST新潟県小学生選手権水泳競技大会

NST
新潟県小学生選手権水泳競技大会(兼全国JOC夏季水泳競技大会新潟県予選会)

オリンピック選手、中村真衣さんも輩出した恒例イベント。青少年の水泳競技のレベルアップを目的として開催され、子ども達の健やかな心身を育んでいます。

として

会社の社会的責任として、社員一人ひとりにとって働きやすい職場づくりに取り組んでいきます。

ハッピー・パートナー企業認定

ハッピー・パートナー企業 認定(新潟県男女共同参画推進企業)

仕事と家庭生活等が両立できるよう、男女ともに働きやすい職場づくりに取り組む企業として、新潟県「ハッピー・パートナー企業」に認定されました。

新潟市健康経営認定事業所ブロンズクラス取得

新潟市健康経営認定事業所
ブロンズクラス 取得

社員の健康に配慮している企業として「新潟市健康経営認定事業所」認定を取得。健康づくりに取り組むことで、いきいきとした職場環境を維持します。

What’s SDGs

SDGsについて

SDGs(持続可能な開発目標)は、「誰一人取り残さない」より良い社会の実現を目指す世界共通の目標。
2030年までを目標とし、17のゴールと169のターゲットから構成されています。
これらの目標は、政府による取り組みだけでは達成が困難…。
そこで、企業や地方自治体、地域住民に至るまで、すべてのひとの取り組みが求められています。
まさにSDGsのカギは、一人ひとりの行動に委ねられているのです。

国際連合広報センター